小鳥の生・小鳥の死

命ちゃんを失って張り詰めた糸が切れてしまった上
今年最後の仕事が立て込んで
バタバタとした数日でした。
なんだかなぁ。。。
来年はいろいろなことがもっと上手にコントロール出来るようになりたいと思います。

命ちゃんを手厚く看病することがよかったのか悪かったのか
どうしても考えがまとまらず
インコたちの主治医の先生にお話してみました。

もちろん先生の立場で一生懸命看病することや治療をすることが悪いなどと
おっしゃるわけがないのですが
そういうことを抜きにしてもとても納得のいく答えをいただいたので
私と同じように愛鳥を失って苦しんでいる方にも
聞いていただきたいと思います。



*misamisa*
「私が看病をすることで命ちゃんの苦しい時間を引き延ばし
余計につらい思いをさせたのでしょうか?」


先生
「私は今までたくさんの小鳥を治療してきました。」

「高齢の子の臓器不全など、治らないしかも苦痛を伴う疾患の場合
治療することがよいことなのが迷う時があります。」

「けれどもその子をよく観察するとはっきり見えてくることがあります。」

「死にたいなんて思っていないということが。」

「小鳥たちは生きることにとても素直です。
苦しいから死んでしまいたいなんて
決して思わない。」

「命尽きるその時まで、生きたいと願っているのです。」



私はうちの子たちの生涯が
長かろうが短かろうが
その命を全う出来るように
全力を尽くす飼い主でいたいと思います。




にほんブログ村 鳥ブログ アキクサインコへにほんブログ村にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへにほんブログ村
スポンサーサイト
いつも応援ありがとうございます励みになります。 今日もポチ☆お願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

No title

misamisaさんこんにちは(^_^)
亡くなった命ちゃんもきっと天国でmisamisaさんや最善を尽くしてくださった先生にありがとうと言ってくれていると思いますよ。
私も少しの間でしたが獣医さんの元で働いていたことがありますがどの子たちも一生懸命病気や怪我と戦っているようにみえました。
misamisaさんのような素敵な飼い主さんに出会えたことをきっと喜んでくれていると少なくとも私はそう思います(^_^)
私もmisamisaさんのような飼い主になれるよう頑張ろうと思います。

みちるさん

動物病院でお仕事されていらしたのですね。
きっといろいろな動物と飼い主さんのドラマをご覧になったことでしょうね。
病院へ連れてくるくらいですから
皆さんペットを愛しいと思っているのでしょうけれど
その愛情の形は人それぞれ・・・
あるがままを受け入れて、治療をのぞまない飼い主さんもいるでしょう。
どの方向性が正しいのかなんてわからないですよね

でも私はあきらめ悪く、いつまでもあがき続ける飼い主であり続けるのだと思います。
もしかしたらうちの子たちにはちょっと迷惑な飼い主なのかもしれませんv-356

そうか・・・!

闘病って、小鳥にとってとても辛い事なんだと思っていましたが・・・
やっぱり天命まで生きる事を望んでいるんだなぁ・・・
(- -、)i-176ホロリとしちゃいました。
小鳥ってすごい・・・
やっぱり、小鳥との生活って色々勉強になりますi-189


月ちゃん、べっぴんさんですねぇ・・・・i-189(←やぶからぼうに 笑)

花小鳥さん

小鳥にとっても闘病ってやっぱりつらいものだと思うんです。
でもつらかったり、ちょっと壁にぶつかったりしたときに
簡単に死んでしまいたいなんて考えるのは
不遜な生き物である人間だけだと思うんですよね。

他の生き物はつらい、痛いはあくまでつらい痛いであって
死にたいには繋がらない。
先生のおっしゃった「生きることに素直」って
そういうことなんじゃないのかなと解釈しています。

月ちゃん美人でしょう?
親バカサングラスを通して見ても
容色に難のあるさんちゃんには
ちと厳しい恋敵です
Secret

プロフィール

*misamisa*

Author:*misamisa*
インコが大好き!
現在セキセイインコ10羽
大型セキセイインコ6羽
コザクラインコ11羽
アキクサインコ4羽
オカメインコ1羽
ワカバインコ2羽
ビセイインコ1羽
サザナミインコ1羽と暮らしています。
巣引きにも挑戦中
鳥好きさん、仲良くしてくださいね♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)