瑠璃ちゃんの再々診とヌード

29日に予定通り瑠璃ちゃんの再々診に行って来ました。
血色の良さや表情の明るさ、目の輝き
動作の機敏さなどほぼ中毒前と変らない状態に戻っていると
先生にも喜んでいただきました。
体重も1週間前より1~0.5gUP


そしてまだ1つ残っていた金属片の排出を確認するため
レントゲン撮影をしていただきました。


結果「祝!金属片排出!!」



見事に体内から消えていました。
また残るかに思われた強い神経症状も全て消え
後遺症の恐れもないということです。

状態によっては再度キレート剤(解毒剤)の注射と
経口でのキレート剤投与が続く予定でしたが
この様子ならどちらも必要なしで
瑠璃ちゃん晴れて全快のお墨付きをいただきました
これでやっと安心が出来ます。

私の至らなさで瑠璃ちゃんにはつらい思いをさせ
皆さんにはご心配をおかけしました。
今後は瑠璃ちゃんが身を持って教えてくれた
室内にもたくさん危険が潜むということを胸に置き
一層気をつけてみんなの様子を見るようにしていきたいと思います。


瑠璃ちゃんが患った「鉛中毒」は
カーテンの裾に入っている錘を誤食するという典型的なものでしたが
中には

・ステンドグラスの溶接部分
 (溶接に使う金属が鉛を高濃度に含んでいる)

・ビンテージワインのコルクを包む金属箔


・100円ショップで購入した子供用おもちゃの部品

などで中毒を起こした子たちもいるそうです。
鳥たちを危険から守るというのは
本当に難しいことだとつくづく思います。
もう一度気を引き締め直して
放鳥時には目を離さないようにしていきたいと思っています。



さて。
診察の折、先生のご許可をいただいて
瑠璃ちゃんのレントゲンを撮影させていただいてきました。

本邦初公開
瑠璃ちゃんのヌードです


これが入院時のもの
9_20120529134018.jpg
向かって右の下腹あたりに白い粒々がたくさんあって
その中にひときわはっきりと写っている2つの粒が見えますでしょうか。
それが鉛の粒です。
他のぼんやり写っている白い粒はグリットです。


そしてこちらが29日に撮影したもの
10_20120529134017.jpg
X線を透過しない金属粒が消え
ぼんやりと写るグリットのみになっています。



同じ日に撮影した横向き画像
11_20120529134017.jpg
瑠璃ちゃん足長っ




コザクラインコって


お饅頭というか・・・・
レモンというか・・・・
フットボールというか・・・
オバQというか・・・

とにかく鳥といってイメージする姿とは
かけ離れている気がしませんか?


参考画像・服着用時の瑠璃ちゃん
5_20120529135104.jpg
せいぜい頑張って3頭身
首なんかないように見えるし
おなかのすぐ下が足の裏だし


でもレントゲン
特に横向き画像なんかを見ると
ちゃんと鳥の体の構造してるんだなぁと感心します。
鶴とか足の長い優美な姿の鳥さんと骨格はさしてかわらなそうですね。
でも服を着るとキョロちゃん


コザクラこそ「私脱いだらすごいんです」
という台詞が似合う子たちなのかもしれません







いつも応援ありがとうございます
励みになります。
今日もポチ☆お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
いつも応援ありがとうございます励みになります。 今日もポチ☆お願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

瑠璃ちゃん再診

昨日は予定通り瑠璃ちゃんの再診に行ってきました。

ここで退院からのまとめ

19日 夜8時ごろ退院し帰宅
   体重44g
   食欲はまったくなく顔色も悪い。

20日 午前中
   口元に持っていってやっと粟穂一粒、ひまわり半粒を食べる。

   午後
   突然、粟穂をむしゃむしゃと食べだす。
   その後、混合シードも食べる。

21日 午前中 
   体重 43g
   青菜を3口、混合シードをよく食べる。
   
   午後
   目に見えて動きがよくなる。
   表情も明るくなる。
   食欲も糞の状態も上々

22日 午前中 再診
   体重44.5g
   くちばしの血色がとてもよくなる。

診察の結果は順調とのこと。
退院後、経口でキレート剤(解毒剤)と強肝剤を摂っていますが
まだ金属片が残っている可能性があるため
注射でも投与となりました。
経口のお薬を続け来週の診察のときに再度注射していただき
その後はしばらく経口投与を続け
晴れて治療終了という流れになるようです。
レントゲンも来週また撮っていただきます。
   

おとといの画像になるのでまだ少し顔色が悪いですが
瑠璃ちゃんの様子を。

バナナ水入れでセルフカキカキ☆
20_20120522140322.jpg


あくびのツボにHIT
21_20120522140321.jpg


気持ちいい~♪
22_20120522140322.jpg




23_20120522140321.jpg




やっぱりカキカキは人にやってもらうのがいいねぇ
24_20120522140531.jpg


ぐふぐふメロメロです
25_20120522140530.jpg




こうやって元気にしていてくれる瑠璃ちゃんですが
やっぱり心配がないかというと決してそうでは・・・


瑠璃ちゃん普段は床に降りることがほとんどありませんし
敷き紙をいじることのない子なのですが
退院後は敷き紙の下に頻繁にもぐります。
17_20120522140705.jpg


寝るときもこんな姿だったりして。
19_20120522140705.jpg
死んでるのかと思って心臓が止りそうになります


中毒症状で光や音に対して過敏になって
自分なりに遮断するためにもぐっているのかと思うのですが・・・
3方はナイトカバーで覆って、余分な刺激を受けないようにしてるんですけどね・・・

先生にうかがったらもちろん過敏になっている可能性もあるし
「本当に男の子?」と聞かれてしまいました

瑠璃ちゃんDNA検査済みの男の子なんですが
ものすごく骨盤が広いんだそうです。
先生、こんなに骨盤が開いたオスは初めて見たそうで。

病み上がりに発情が始まってしまう女の子がよくいるのだそうです。
瑠璃ちゃんがメスなら敷き紙にもぐるのも繁殖行動なのですけど。
でもなーDNA検査したしなー。
振り返れば2度もオス同士でペアになってしまった瑠璃ちゃん。
もしかしておねえ系コザクラなのかしら。
ルリコ・デラックスとか
ルリッツ・マングローブとかに改名するべき?

やだな・・・それ・・・・・






いつも応援ありがとうございます
励みになります。
今日もポチ☆お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




       いつも応援ありがとうございます励みになります。 今日もポチ☆お願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

瑠璃ちゃん元気です!

おとといの夜退院した鉛中毒のコザクラ瑠璃ちゃん
元気です!

私の仕事が急に忙しくなってしまい
なかなかPCからのアップができそうにないので
取り合えず携帯からご報告です。

瑠璃ちゃん強制給餌が必要なのですが
痩せていず少々の絶食でも問題ないので
2日後の診察まで、あえて給餌はせず
自力での採食を促してみましょうということになりました。

帰宅した晩はまったく餌に口を付けず
翌日の午前中も口元まで持っていって
やっと粟穂一粒とひまわり半個…
心配で気を揉んでいましたが午後から自力で食べだしました!

最初は粟穂を、それから混合シードを。
今朝は青菜も2口、3口。
本来の食欲には及びませんが
それでもよい糞が出ているので一安心です。

ケージは止まり木を低い位置につけて
過ごしやすいようにとレイアウトしたのですが
低いのが嫌なようでケージの天井近くに掴まりっぱなしになってしまいます。
しかたがないので高い位置に付け替えたら
やっと止まり木にいてくれるようになりました。

まだ顔もむくんでる感じがするし
くちばしの血色も本来の色ではありませんが
確実に回復しつつあるのがわかります。

みなさまには本当にご心配とお気遣いをいただき
深く感謝しております。
瑠璃ちゃんは死の淵より戻ることができました。

私は罰当たりな無宗教者ですが
想いや念、言霊を信じます。
瑠璃ちゃんが無事戻って来られたのも
みなさんが一緒に願ってくださったからだと思っています。

コメントくださった方はもちろん
この日記に目を止め、良くなればいいなと思ってくださったたくさんの方々に
ありったけの感謝を!



いつも応援ありがとうございます
励みになります。
今日もポチ☆お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む

いつも応援ありがとうございます励みになります。 今日もポチ☆お願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

瑠璃ちゃん退院とコザクラの性質

鉛中毒で入院中のコザクラインコ瑠璃ちゃん
今日の夜、退院の予定になりました!

おとといから震えやふらつきがおさまったこと、
注射でのキレート剤(解毒剤)の投与の上限が5日間であるため
こののちは自宅での療養となりました。

キレート剤は副作用で肝障害などが出る恐れがあるため
長期間の注射による投与は出来ないのだそうです。

昨日撮ったレントゲンではまだ金属片が1つ残っていることや
廃絶した食欲がまったく戻らず強制給餌が必要なこと
まだまだ安心は出来ないのですが
面会に行ったときの瑠璃ちゃんの様子から
住み慣れた自宅で私が世話をしたほうが
瑠璃ちゃんが安心できて、食欲の戻りや体力回復が早いのではないかという先生のご判断です。

瑠璃ちゃんは強制給餌を大変嫌がって大分先生を手こずらせたようです。
でもそれほど嫌がっても、また毎日注射のために掴まれても
「どんなことをしようと、絶対咬もうとしないのよ」
とのこと。

そうなんです。
瑠璃ちゃんを初めとするわが家の10羽のコザクラたち
荒鳥の綸子ちゃんを含め
ただの一羽も咬む子がいないんです。
鷲掴みにしたり押さえ付けたり嫌がることいっぱいするんですけどね。

コザクラを飼う前の下調べで
性質が狂暴・流血必至などという情報を読んで
覚悟の上で瑠璃ちゃんをお迎えしたのですが
あまりの穏やかさに拍子抜けしたのを覚えています。
これも瑠璃ちゃんの個性なのかと思いましたが
そのあと迎えた多数の子たちも
攻撃性が皆無なところを見ると
極度に攻撃的な子のほうが特例なのではないかと思えます。
セキセイにはしょっちゅう咬まれるんですけどね…
荒のセキセイは掴むと咬みますね。
それもイテテくらいの弱々しさなのでどうということはありませんが。
わが家の約30羽のインコたちはみなよい子で助かります。

いつの間にか親バカ話になってしまいました。
今夜瑠璃ちゃんを迎えに行き連れ帰りましたら
また明日お礼方々様子を見ていただけたらと思います。
うれしいご報告がみなさんに出来て
心躍る今日の日です。



いつも応援ありがとうございます
励みになります。
今日もポチ☆お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 いつも応援ありがとうございます励みになります。 今日もポチ☆お願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

瑠璃ちゃんに面会

昨日の夜、瑠璃ちゃんに面会してきました。

入院させてすぐ翌日の面会では
先生にご迷惑だと思ったのですが
今日が休診日なのでどうしても会いたくて…

伺ってよいかだけ確認して
瑠璃ちゃんの容態を聞かないまま向かったので
状態が悪く起き上がれないほど弱っていたらどうしよう
瑠璃ちゃんが苦しみ続けていたらどうしようと
高速を飛ばして片道40分の距離が永遠に続くように遠く感じられました。

あらかじめ診察室に連れてきてもらっていた瑠璃ちゃんは
キャリーケージの病室で
足を前に投げ出し、お尻をペタンと床に付ける姿勢で目をつぶっていました。

その姿を見た瞬間
ああ、麻痺がひどくなっていると心臓がギュッと締め付けられました。

恐る恐る小さな声で「るーたん…」と呼び掛けると
瑠璃ちゃんはパチッと目を見開きスクッと立ち上がると
私のほうへ駆け寄ってきました。

おそらく焦点が合わず目眩もひどいだろうに
柵越しに懸命にこちらを確認しようとしています。
もう一度るーたんと呼ぶとなんとキャリーケージの柵にピョンと飛び乗りしがみついたのです。

普段の瑠璃ちゃんはとても明るく元気な子ですが
ケージに入っている時はいたずらもせず、いるかいないかわからないほどおとなしくしています。
けれど私が近づくと甘えたくてケージのコーナーに大股開きでつかまって
撫でてくれるのをじっと待ちます。
その姿とまったく同じポーズを病室でも見せてくれたのです。

私のことがわかったんだ。
そしてつらい体でも精一杯そばに来ようとしてくれているんだと思うと
愛おしさと申し訳なさで涙が止まらなくなりました。

柵越しに指を入れて撫でると瑠璃ちゃんはすぐに目をつぶってしまいました。
走り寄ってくるだけで限界だったのだと思います。
それでもしがみついた柵から足は離さず
私の指に頬を擦り付けたままでいました。

私がいる15分ほどの間に
2回フォーミュラの色をしたよい糞をしました。
入院直前に出だした緑便は昨日の午前中まで続いたそうです。

鉛中毒の時に出る緑や黒の便は
重金属によって破壊された血液成分が排出されて起こるそうです。
それが止まったということは好転していると思ってよいのでしょうか……?

幸い瑠璃ちゃんには消化器症状が出ず
強制給餌で与えてもらったフォーミュラは
食滞せず流れてくれています。
筋胃に留まる金属片を一刻も早く排出するためにも
胃腸が活発に動いてくれることが肝要です。
新たなグリットを与えることで
金属片を押し出す狙いでミネラルも同時に与えてくださっているそうです。

夜間、時間外にもこまめに補液や給餌そして注射とケアしてくださる先生には
感謝のしようもありません。
昨日も夜10時頃にまた給餌してくださるとおっしゃっていました。
きめ細やかなケアのおかげで瑠璃ちゃんは体重の急低下を避けられ
45gという体重を維持しています。
飼い主にも難しいような愛情深いお世話をしてくださる先生に
私はどうやってご恩返しすればよいのでしょうか?


入院したその夜にぐるぐると歩き回る旋回行動が出たそうです。
消化器症状が出なかった代わりに
神経症状が強く出ている瑠璃ちゃん
後遺症が残る可能性を先生からも指摘されました。

いいんです。
私のエゴで瑠璃ちゃんには詫びようもありませんが
命さえ取り留めてくれれば
少しでも暮らしやすいように工夫して
介護する決心は出来ています。
命さえ取り留めてくれれば……


たくさんのメッセージ、コメントありがとうございます。
どれひとつをとっても皆さんのお気持ちがありがたくて
涙なくしては読めません。
瑠璃ちゃんの回復を祈ってくださる方々
ご自身のつらい体験を聞かせてくださる方々
一人じゃないと思えることがどれほど心強いことか。
感謝してもしきれません。

瑠璃は頑張っています。
どうかもう少し
必死に頑張る瑠璃ちゃんと
愚かな私に力を貸してください。





いつも応援ありがとうございます
励みになります。
今日もポチ☆お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 いつも応援ありがとうございます励みになります。 今日もポチ☆お願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

*misamisa*

Author:*misamisa*
インコが大好き!
現在セキセイインコ10羽
大型セキセイインコ6羽
コザクラインコ11羽
アキクサインコ4羽
オカメインコ1羽
ワカバインコ2羽
ビセイインコ1羽
サザナミインコ1羽と暮らしています。
巣引きにも挑戦中
鳥好きさん、仲良くしてくださいね♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)